こんぶネット み~んな大好き、おいしい昆布

昆布情報、昆布の豆知識、昆布レシピならこんぶネット|日本昆布協会

昆布だしの取り方
基本の「昆布だし」でプロの味
簡単がおススメ 人気の「昆布水」
ビックリあっという間に「昆布だし」
昆布水レシピ
だしを取った後の昆布レシピ

みんなのこんぶレシピとは

昆布や昆布加工品を使ったアイデアレシピをどんどん紹介します!
昆布はだしをとるだけでなく、いろいろな料理に使える優秀な食材。
レシピは全て一般の方から投稿されたオリジナル。みんなの昆布レシピをぜひ試してみてね♪

目指せ!昆布マイスター 昆布料理の基本からスピードメニューまで

昆布研究家の旬レシピ 旬の昆布レシピを楽しもう!

奥薗先生のずぼらこんぶ料理

読者になる

2017年3月21日 (火)

和風・昆布入りジャーサラダ

加藤紫津子昆布大使/料理教室「健脳cooking」主宰 、サプリメント管理士

和風・昆布入りジャーサラダ

17030601

<材料(700~900ccの蓋つきガラス瓶2本分)

[ドレッシング]
・米酢:100cc
・植物油:100cc
・塩:小さじ1・1/2
・砂糖:お好みで~大さじ1
・胡椒:少々
・ガーリックパウダー:少々
・昆布粉:お好みで

[野菜]
・人参:1本
・大根:1/3本
・ピーマン:2個
・玉ねぎor赤玉ねぎ:1/2個
・紫の小かぶ:2個
・だしをとった後の昆布:適宜

(※レタスやエンダイブなどサラダに使う野菜ならなんでも入れられます。)


<作り方>

one ドレッシングはよく混ぜて瓶の底に入れる。

two 野菜、昆布は薄切りや千切りにする。

three 硬いものから彩りよく層にして重ねて詰める。

four 食べる直前に瓶をひっくり返してサラダボウルに野菜を入れると、瓶の底のドレッシングが行き渡ります。


clipワンポイント

・ ドレッシング、野菜ともフードプロセッサーを利用すると全部で5分~10分で完成!
瓶のまま冷蔵庫で保存できて、数日は日持ちしますが、お早めにお召し上がりくださいね!

2017年3月17日 (金)

さっくり!おいしい昆布のフリッター

永瀬直子昆布大使/料理研究家、だしソムリエ

さっくり!おいしい昆布のフリッター

17030501

<材料1>

・だしを取った後の昆布
・フリッターの衣

<材料2>
・薄力粉:大さじ7
・片栗粉:小さじ2
・ベーキングパウダー:小さじ1
・塩:小さじ1/3
・胡椒:小さじ1
・バター:10g
・水:大さじ5


<作り方>

one 昆布を短冊切りにして、粉をまぶす。

17030502

two <材料2>を混ぜあわせ、昆布につけて180℃の油で揚げる。

17030503


clipワンポイント

・他のだしがらでも作ってみましたよ(^^♪
写真は、乾しいたけのフリッター&かつお節のフリッターです★

17030504

2017年3月14日 (火)

若ごぼうの葉と昆布の佃煮

植谷佐江子昆布大使/野菜ソムリエ、栄養士・食育マイスター講師

若ごぼうの葉と昆布の佃煮

17030401

<材料>

・若ごぼうの葉:1束分
・だしを取った後の昆布:50g
・白いりごま:小さじ1

[調味料]
・醤油: 1/4カップ
・みりん:大さじ2
・砂糖:大さじ1


<作り方>

one 若ごぼうの葉は、サッと湯がいて水にさらし、せん切りにする。

two 鍋に調味料を入れて沸かし、若ごぼうの葉とだしを取った後の昆布を入れて、水分が無くなるまで炒り煮する。

three 最後にいりごまを入れて混ぜる。




だしを取った後の昆布とは「昆布水」を作った後の昆布のことです。

<かんたん「昆布水」の作り方>

one 昆布を料理はさみで細く切る。
 (だしは、昆布の表面ではなく、断面から出るので細く切るほうがいい)

two 水1Lに細切り昆布10gを入れて、一晩冷蔵庫に。
  (美味しい昆布水の出来上がり)

2017年3月10日 (金)

若ごぼうの炊き込みご飯

植谷佐江子昆布大使/野菜ソムリエ、栄養士・食育マイスター講師

若ごぼうの炊き込みご飯

17030302

<材料>

・米 3合
・若ごぼう(茎・根):3本ほど
・人参:50g
・うす揚げ:1枚など

[合わせだし汁]
・昆布出汁:3カップ弱(550cc)
・酒:大さじ3
・薄口醤油:大さじ1・1/2
・塩:小さじ1

<作り方>

one 米は洗ってザルにあげておく。

two 若ごぼうの根は皮をこそげて斜め薄切り、茎は薄く輪切りにする。人参・油揚げはせん切りにする。

three 炊飯器に米・合わせだし汁・材料を入れて炊く。


clipワンポイント

・品種は「葉ごぼう」といい、若ごぼうは通称です。普通のごぼうと違って、根は15センチほどで、茎と葉はその3倍くらいあり、知らない方はフキと間違えるくらいです。

17030301

2017年3月 7日 (火)

切干し大根とこんぶのパリパリ漬け

大山加奈惠昆布大使/食品保健指導士、食育管理士

切干し大根とこんぶのパリパリ漬け

17030201

<材料(2人分)>

・切干し大根:50g
・こんぶ:30g

・鷹の爪:1本程度
・白すりごま:適量

[調味料]

・しょうゆ:大さじ3
・砂糖:大さじ2
・酢:大さじ1 1/2
・みりん:小さじ1


<作り方>

one 切干し大根は固めにゆでて、5cm幅に切る。昆布は2cm幅にハサミで切る。

two 鍋に[調味料]を入れて、火にかけて、沸騰させる。

2017年3月 3日 (金)

切り昆布とれんこんのきんぴら

川原ちさと昆布大使

切り昆布とれんこんのきんぴら

17030101

<材料>

・切り昆布
・れんこん
・しょうが
・青シソ
・唐辛子
・ゴマ油
・だし醤油

17030102_2


<作り方>

one れんこんは薄切りにして、水に浸したあと水切り。

two 切り昆布は適当な大きさにカット。しょうがはみじん切り。青じそはたっぷり千切り。

three フライパンを熱し、ゴマ油を入れたら、れんこんを入れて半透明になるまで炒める。

four 切り昆布としょうがをthreeに投入。軽く炒めたら、みりん、だし醤油、唐辛子の小口切りを加えて炒め煮にする。

five 火を止めて、たっぷりの白ごまと青じそを混ぜたら出来上がり。

clipワンポイント

料理研究家さんの本で知ったこの料理。晩ごはんの副菜に、翌日のお弁当のおかずに、温かくても冷めても美味しいので、オススメです!

17030103

2017年2月28日 (火)

懐かしいオムレツ

岩佐優昆布大使/調理師学校講師、昆布料理研究家

懐かしいオムレツ

17020901

<材料(2人分)

・玉葱:1/6個
・人参:4㎝
・合い挽き肉:70g
・塩:小さじ1/5
・胡椒:少々
・小麦粉:小さじ1
・昆布水:大さじ3
・卵:5個 
・バター:大さじ1
・ソース:適宜 


<作り方>

one フライパンにバター半量、粗みじんにした玉葱、人参を入れ弱火にかける。

two 玉葱が透きとおる程に火が通ったら火を中火にして合い挽き肉を加え、肉に火が通ったら、塩、胡椒、小麦粉を振る。

three 粉の白さがなくなったら昆布水を加え、とろみがつくまで煮詰め、容器に移す。

four フライパンに残りのバターを溶かし、卵2個半に塩、胡椒少々をしたものを注ぐ。

five しゃもじで軽くまぜバターを溶かし込みながら広げる。真ん中に具の半分をのせ、両側から卵で包み込む。

six 皿にひっくり返して、形を整えてソースをかける。

clipワンポイント

・今のようなふわふわトロトロオムレツではありません。洋風玉子焼き包みのようなほっとする懐かしい昭和の料理の一つです。

2017年2月23日 (木)

鶏と大根、昆布のさっぱり梅煮

川原ちさと昆布大使

鶏と大根、昆布のさっぱり梅煮

17020801

<材料(4人分)

・鶏もも肉:500g
・大根:400g
・昆布:6×15cmくらい
・梅干:3粒
・しょうが:ひとかけ
・塩:ひとつまみ
・醤油:適量

<下準備>

one 大根は皮を剥き、厚さ1cmほどのいちょう切りにして、レンジで下蒸し。

two 昆布は水で戻して3×3cmくらいにカット。戻し水は煮汁として使うのでとっておく。

three 梅干は種を除いてたたいておく。

four 鶏肉は昆布よりひとまわり大きいくらいにカット。



<作り方>

one 鍋に油をしき、強火で軽く塩(材料外)をふった鶏肉を両面焼く。

two one に昆布戻し水を入れて、しょうがと昆布、大根を入れ、昆布が柔らかくなるまで煮る。

three 梅干を加え、醤油を軽くさし、塩をひとつまみほど入れて、煮込む。

four 全体が柔らかくなり、煮汁が少なくなったら、味を調整して出来上がり。

2017年2月20日 (月)

こんぶ茶あんかけのかきたま

大山加奈惠昆布大使/食品保健指導士、食育管理士

こんぶ茶あんかけのかきたま

17020701

<材料(2人分)

・卵:3個
・にんじん:1/3本
・しいたけ:2枚
・だし汁:50cc
・万能ねぎ:5本


[調味料]
・しょうゆ:大さじ1
・みりん:大さじ1
・こんぶ茶:小さじ1/2
・だし汁:1カップ
水溶き片栗粉:大さじ1


<作り方>

one にんじんは皮をむいて、みじん切りにする。しいたけは軸と笠をみじん切りにする。

two ボールに卵を割入れ、one、だし汁、塩・こしょうを加えよくかき混ぜる

three フライパンにサラダ油をしき、two の卵液を入れて、時々箸でかき混ぜながら、かきたまを作る。

four 鍋に[調味料]と、小口切りにしたねぎを入れて火にかけ、沸騰したら、水溶き片栗粉を加えとろみが出るまで煮る。

five 皿にかきたまを入れ、上から4のあんかけをかけて出来上がり。

2017年2月17日 (金)

節約箸休め☆大根の皮でハリハリ漬け

大川美紗代昆布大使/栄養士、フードスペシャリスト

節約箸休め☆大根の皮でハリハリ漬け

17020601

<材料>

・大根の皮(桂剥きにしたもの):1本分
・人参:3cm
・昆布の細切り:大さじ1
・鷹の爪:1本

[調味料]
・しょうゆ、みりん、酒、酢、水:各40ml
・砂糖:小さじ1

<作り方>

one 大根の皮は1週間ほど干して完全に乾燥させておく

17020602

two 密閉できる耐熱容器に1を砕いて入れ、短冊切りにした人参、昆布、鷹の爪も加える

three [調味料]を小鍋で沸かし、two に注ぎ入れる

four 粗熱がとれたら冷蔵庫に入れて時々混ぜながら2~3日置いたらできあがり


clipワンポイント

・自家製切干大根を砕いて漬けておくだけの簡単レシピです。

«ヘルシーで、おいしい鶏むね肉の昆布〆