こんぶネット み~んな大好き、おいしい昆布

昆布情報、昆布の豆知識、昆布レシピならこんぶネット|日本昆布協会

昆布だしの取り方
基本の「昆布だし」でプロの味
簡単がおススメ 人気の「昆布水」
ビックリあっという間に「昆布だし」
昆布水レシピ
だしを取った後の昆布レシピ

みんなのこんぶレシピとは

昆布や昆布加工品を使ったアイデアレシピをどんどん紹介します!
昆布はだしをとるだけでなく、いろいろな料理に使える優秀な食材。
レシピは全て一般の方から投稿されたオリジナル。みんなの昆布レシピをぜひ試してみてね♪

目指せ!昆布マイスター 昆布料理の基本からスピードメニューまで

昆布研究家の旬レシピ 旬の昆布レシピを楽しもう!

奥薗先生のずぼらこんぶ料理

読者になる

2016年8月30日 (火)

お豆と昆布の鉄火味噌

加藤紫津子昆布大使/料理教室「健脳cooking」主宰 、サプリメント管理士

お豆と昆布の鉄火味噌 

16081101

<材料>

・水煮大豆:200g
・ごぼう:1/2本
・だしを取った後の細切り昆布:少々~ひとつかみ
・ごま油:大さじ2
・味噌:大さじ3
・砂糖:お好みで~大さじ4
・みりん:大さじ1
・鰹節:適量


<作り方>

one ごぼうは薄く輪切りにし、少しアクを抜きザルに上げる。

two ごま油でごぼうを炒め、豆、昆布と調味料を加え、水分がなくなるまで炒める。

three 最後に鰹節を加えて混ぜ、できあがり。


clipワンポイント

・甘さの調整はお好みで。お砂糖なしでも美味しいです。

2016年8月26日 (金)

麻油薬膳煮鮑菇 (ごま油の薬膳きのこ煮)

真坂かな昆布大使/調理師、中医薬膳講師

麻油薬膳煮鮑菇 (ごま油の薬膳きのこ煮)

16080901

<材料>

・エリンギ:400g
・椎茸:2パック
・生姜:50g
・カット昆布:10g

[A]
・古漬け大根:25g
・くこ:25g
・海藻:10個
・白きくらげ:15g(乾燥)
・ごま油:大さじ2・1/2
・きび糖:大さじ2・1/2
・塩:小さじ1~2(味をみながら)
・昆布水(水1リットル、昆布10gで一晩冷蔵庫に):700cc

<下準備>

one 古漬け大根を水でサッと洗い塩辛いようなら水につけて塩抜きをする。

two エリンギを0.5mm厚の5cmに切る。

three しいたけは1cmの斜め切りにする。

four 白きくらげは水でもどし、ひと口大にちぎる。


<作り方>

one フライパンにごま油と生姜のスライスを入れて火にかけ、弱火で香りが出るまでじっくりと炒める。

two きのこ類とカット昆布を加えて中火で炒め、[A]を加えて沸騰したら弱火にし、3分ほど煮込む。
※写真は台湾の珍しい海藻を加えています。

2016年8月23日 (火)

昆布だしの離乳食から大人も美味しい展開食

大川美紗代昆布大使/栄養士、フードスペシャリスト

昆布だしの離乳食から大人も美味しい展開食

16080801

<材料>

・水:3カップ
・昆布:4×4cm
・大根:60g
・鶏もも肉:1枚(薄く塩を振っておく)
・大根おろし:大さじ4
・にんじん、アスパラなど付け合せ適宜
・薄口醤油:小さじ1


<作り方>

one 昆布は水に浸して1晩おく

two  one に1cm角の色紙切りにした大根を入れて火にかける

16080802

three 沸騰したら昆布を取り出して刻んでおき、大根は柔らかくなるまで煮る

four 大根をすくって裏ごす→離乳初期食

16080803

five 残っただしを少し煮詰めて薄口醤油を振り、刻んだ昆布、大根おろしを加えて火を止める

six 鶏もも肉を両面焼いて five をかけ、付け合せ野菜を添える→大人ご飯に!


clipワンポイント

・大根を取り出してから少し煮詰めるのがポイントです。これで離乳食用は薄味に、大人用は満足のいく旨みが凝縮されます。
昆布も大根もアレルギー対象食品ではありませんが、初めて与える時は必ず1日1さじで様子をみてください。製氷皿で小分けして冷凍することも可能です。

2016年8月19日 (金)

昆布と厚揚げの煮もの

植谷佐江子昆布大使/野菜ソムリエ、栄養士・食育マイスター講師

昆布と厚揚げの煮もの

16080702

<材料>

・だしを取った後の細切り昆布:(10gでだしを取った残り)
・厚揚げ:1枚
・昆布だし:1カップ
・砂糖:大さじ2
・薄口醤油:大さじ2

<作り方>

one 厚揚げは食べやすい大きさに切っておく。

two 鍋にサラダ油を入れ、だしを取った後の昆布と厚揚げを入れて炒める。

three 昆布だしを入れ、砂糖・醤油を加え、落し蓋をして弱火で煮詰める。

2016年8月17日 (水)

昆布と夏野菜の煮びたし

久留須知子昆布大使

昆布と夏野菜の煮びたし

16080601

<材料(4人前)>

・煮昆布:10cm使用
・オクラ:あれば10本でもOK!
・なす:あれば1本からでもOK!
・ミニトマト:5個くらい
・醤油:小さじ1
・鰹節:小さじ1


<作り方>

one まずは煮昆布を水に浸し柔らかくする(30分以上かかります)。

two 昆布を柔らかくしたときの水は捨てずに取っておく。

three オクラはあらかじめ下ゆですると発色が良くなります。

four なすは食べたいサイズに切ってオクラと柔らかくした昆布を角切りし、トマトも煮込みます。一緒にフライパンに入れて焼き目を軽くつける。

five そこに200ml~300mlくらいの昆布の戻しで使った水を投入。
かなり昆布エキスが出ているので塩がいりません。

six なすびがやわらかくなり柔らかく煮込んでそのあとに醤油を投入。

seven そこですぐに火を消して盛り付けてからかつおぶしをかけて出来上がり。



clipワンポイント

・温かい状態でも、冷たくしてもどちらも美味しいです!!

2016年8月12日 (金)

甜心蜜棗(なつめと白玉の甘煮)

真坂かな昆布大使/調理師、中医薬膳講師

甜心蜜棗(なつめと白玉の甘煮)

16080501

<材料>

・乾燥なつめ:15粒(一人3粒)
・白玉粉:20g
・きび糖、黒糖など:20g~30g
・昆布水(水1リットル、昆布10gで一晩冷蔵庫に)適量


<下準備>
one なつめをぬるま湯につけてもどす。

two 柔らかくなったら縦に一本切り目を入れて、種をとりのぞく。
(美しく仕上げたい場合は種をヘタの部分から種取り器でとる)


<作り方>

one 白玉粉を昆布水で少しかために練り、楕円形に丸めてなつめの中に詰める。

two 鍋に1を入れて、ひたひた弱に昆布水を注ぎ火にかける。

three 沸いたら弱中火にしてことことしばらく(5~10分)たく。

four 火が通ったら砂糖を加えて、とろみがつくまで煮詰める。

2016年8月10日 (水)

台湾風唐揚げ(素食)

真坂かな昆布大使/調理師、中医薬膳講師

台湾風唐揚げ(素食)

16080401

<材料>

・エリンギ:350g
・バジル:30g~50g
・塩:小さじ2
・こしょう:小さじ1
・砂糖:小さじ1
・五香粉:小さじ1
・ごま油:小さじ2・1/2
・地瓜粉(さつまいも粉):大さじ7・1/2
 ※なければ片栗粉で代用可。
・昆布水(水1リットル、昆布10g):100cc~125cc
・小麦粉:大さじ2・1/2

<作り方>

one エリンギを幹のほうから、4cmぐらいの回しざく切りにする。

two すべての調味料を合わせてまぜ、 one を加えてまぜる。

three 170℃~180℃の油で揚げ、黄金色になったらバジルを枝付きのまま一緒に揚げる。

four よく油をきって器に盛り、好みでこしょうと五香粉をさらにかける。

2016年8月 8日 (月)

台湾素食(精進料理)の担仔麺(タンツーメン)

真坂かな昆布大使/調理師、中医薬膳講師

台湾素食(精進料理)の担仔麺(タンツーメン) 

16080301

<材料>

・中華麺:3.5玉
・エリンギ(しめじ、しいたけ):250g
・干し椎茸:5個
・セロリ:1~2本
・ごま油:大さじ5
・昆布水(水1リットル、昆布10g)750cc

(お好みで)
ニンニクすりおろし、ごま油、ラー油、香菜

(トッピング)
小松菜、もやし

[調味料A]
・塩:ふたつまみ
・醤油:小さじ3
・胡椒:多めの少々

[調味料B]
・醤油:小さじ2
・塩:小さじ1・1/2弱(しっかりめの味に調える)
・黒酢:小さじ1・1/2弱


<下準備>

one 小松菜、もやしは油を少々と塩を入れたお湯でサッと湯がく。

two ニンニクをすりおろす。香菜をざっくりと大きめに刻む。

three きのこ類、セロリをせん切りにする。干し椎茸はもどさず手で細かく砕く。


<作り方>

one  フライパンにごま油ときのこ、干し椎茸を入れてひとつまみの塩を加え火にかける。

two あまり混ぜずじっくりと炒める。しんなりしてきたらセロリも加える。  [調味料A]を加えて混ぜ、炒める。

three 昆布水を火にかけ、沸騰直前に火を止める。
[調味料B]を鍋で合わせて塩味をそのまま飲んで美味しい程度に調整する。
(先に合わせてから火にかけてもよい。沸騰厳禁!)

four 麺をゆがく。表示時間より短い時間ゆがき、しっかり湯をきる。

five 大き目のお椀にセロリのみじん切り小さじ1、ごま油かラー油少々を入れて、three を注ぐ。麺を入れ、one と小松菜、もやしを乗せる。香菜、ニンニクすりおろしを乗せて完成。



clipワンポイント

・ 冷たく食べたい場合は、three で火にかけずに調味料と合わせる。four の麺を水でしっかりもみ洗いする。

2016年8月 3日 (水)

翠芹干絲(セロリと干豆腐の和え物)

真坂かな昆布大使/調理師、中医薬膳講師

翠芹干絲(セロリと干豆腐の和え物)

16080201

<材料>

・豆腐:1丁
・セロリ:1本
・香菜:少々
・乾燥黒きくらげ:15g
・カット昆布:5g

[調味料]
・醤油:大さじ2
・砂糖:大さじ1/2
・酢(黒酢):大さじ1
・ごま油:大さじ2
・ラー油:少々


<下準備
(干豆腐をつくる)


one 塩をひとつまみ入れた沸騰したお湯に、半分に切った豆腐を入れる。

two 5分ほど崩れないように茹でて、熱いうちにキッチンペーパーからさらしで包み、重しをのせて水分を切る。(1/3ぐらいの厚みが理想)

three セロリの茎を細切りにする。細い茎は3cmぐらいに切る。

four 香菜をざく切りにする。



<作り方>

one カット昆布はしばらく水にひたしてもどしておく。(戻し水はほかの料理に使う)

two 黒きくらげは水でもどし、熱湯にさっとくぐらせる。石づきを切りとり細い千切りにする。

three 同じ湯にセロリをさっとくぐらせる。干絲もサッと熱湯にくぐらせしっかり湯をきる。

four [調味料]で onetwo を和え香菜も混ぜる。器に盛る。

2016年8月 1日 (月)

トマトとパプリカの赤いスムージー

植谷佐江子昆布大使/野菜ソムリエ、栄養士・食育マイスター講師

トマトとパプリカの赤いスムージー

16080101

<材料>

・トマト:1/2個
・赤パプリカ:1/2個
・桃:1/2個
・大葉:2枚
・昆布水:150cc
・オリーブオイル:少々


<作り方>

one ミキサーにすべての材料を入れて、回す。

two ガラスのコップに入れて、最後にオリーブオイルを少し垂らす。

«昆布とこかぶの甘酢漬け