こんぶネット み~んな大好き、おいしい昆布

昆布情報、昆布の豆知識、昆布レシピならこんぶネット|日本昆布協会

昆布だしの取り方
基本の「昆布だし」でプロの味
簡単がおススメ 人気の「昆布水」
ビックリあっという間に「昆布だし」
昆布水レシピ
だしを取った後の昆布レシピ

みんなのこんぶレシピとは

昆布や昆布加工品を使ったアイデアレシピをどんどん紹介します!
昆布はだしをとるだけでなく、いろいろな料理に使える優秀な食材。
レシピは全て一般の方から投稿されたオリジナル。みんなの昆布レシピをぜひ試してみてね♪

目指せ!昆布マイスター 昆布料理の基本からスピードメニューまで

昆布研究家の旬レシピ 旬の昆布レシピを楽しもう!

奥薗先生のずぼらこんぶ料理

読者になる

2018年10月 9日 (火)

手軽に使える昆布にするために(昆布の粉末)

伊藤陽子昆布大使/野菜ソムリエ、調理師
 
1_2
 
<材料>

・だし昆布


<作り方>

one昆布を小さく切る。

twoフライパンで炒る。

threeミルサーで粉末にする。
 

<ワンポイント>

粉にする事で手軽にイロイロなお料理に混ぜたり、ご飯にかけたりなど可能性が広がるのではないでしょうか?
まずは、梅干しと一緒に入れ熱いお茶やお湯をを注げば、ホッと一息。

2018年10月 6日 (土)

マコモダケの昆布炒め

大倉由美昆布大使
 
1
 
<材料>
 
マコモダケ 1本
塩昆布 大さじ2
酒 大さじ1
赤唐辛子 1本
ごま油 大さじ1
 
 
<作り方>
 
oneマコモダケは皮をむいで、千切りにする。
 
twoフライパンにごま油を熱し、赤唐辛子とマコモダケを入れて炒める。
 
three しんなりしてきたら酒をふり、塩昆布を入れて炒めて出来上がり。

2018年9月28日 (金)

簡単!炊飯ジャーでカレーピラフ

嶌田佳小里昆布大使
 
1
 
<材料>
(2人分)
 
ベーコン:200g
コーン缶:200g
玉ねぎ(中):半分
塩コショウ:適量
米:3合
オリーブオイル:適量
(A)
・昆布だし:500g
・酒:大さじ1
・コンソメキューブ:1個
・カレールー:カレールーの半分の1/4
・醤油:大さじ1
・オイスターソース:大さじ1
・マーガリン:10g
 
 
<作り方>
 
oneベーコン、玉ねぎを食べやすい大きさに刻む。
米を研いで、水気を切る。コーン缶は水気を切り、別にしておく。
 
two(A)を混ぜておく。溶けにくい場合は電子レンジで30秒チンする。チンしたら、混ぜ合わせる。
 
threeベーコンを先に炒める。ベーコンが焼き色がついてきたら、玉ねぎを入れ炒める。
 
fourさらにコーンを入れて更に炒める。
 
fiveお米をお釜に入れ、昆布だし、炒めた具材を入れる。
 
sixtwoをお釜に加え、混ぜ合わせる。
 
seven炊飯ジャーを炊き込みモードにして炊飯する。
 
eight炊き上がったら、一回全体を混ぜ合わせる。
 
nine30分後に再び混ぜ合わせ、炊飯ジャーから全て取りだし、皿に移す。

2018年9月22日 (土)

塩昆布の利用と苦手克服術

伊藤陽子昆布大使/野菜ソムリエ、調理師
 

〇セロリの薄切りに塩昆布を入れ揉み、セロリがしんなりしたら出来上がり。

1_2


〇ゴーヤは、苦さが残るので薄切りにしサッと湯通。
塩昆布を入れ揉み、ゴーヤがしんなりしたら出来上がり。

2


〇生野菜サラダの上に塩昆布とオリーブオイルをかけてドレッシングに。

3

2018年9月19日 (水)

ピツェッタ

曽布川優子昆布大使/イタリアにてイタリア料理の免許取得
 
1
 
<材料>
(24個分)
 
強力粉 220g
昆布だし 120cc
だしをとった昆布 20g
塩・砂糖 ひとつまみ
イースト 5g
オリーブオイル 小さじ12
揚げオイル 適量
打ち粉 適量
トマトソース 120g
パルミジャーノ 30g
バジリコ 少々
フレッシュトマト 50g
 
 
<作り方>
 
oneボウルに強力粉を入れぬるま湯程度に温めた昆布だし大さじ3で溶かしたイーストを真ん中に加え 砂糖・塩・オリーブオイルを入れる。
 
two昆布だしを少しずつ加えかき混ぜ生地がべとべとしなくなるまでボウルの中で打ち続ける。
★昆布だしは500ccの水に刻み昆布10gを入れ30分おいてからレンジでぬるま湯程度に温めたものを120cc使う。
 
three生地をひとまとめにしてラップをして1時間位置く。
★倍に膨らみます。
 
four打ち粉をした台に生地をひろげ5mm厚さにのばし直径6cmの丸形でくり抜く。
 
fiveオイルに入れふくらんできたらひっくり返し、両面をこんがりと揚げる。
 
six鉄板にクッキングシートをのせ 揚げたピッツェッタを並べトマトソースとパルミジャーノをのせ200℃のオーブンで約5分焼く。
 
seven器に並べざく切りにしたフレッシュトマトとバジリコを添える。

2018年9月15日 (土)

切り干し大根の和え物

田邉佳子昆布大使/野菜ソムリエ、だしソムリエ、アスリートフードマイスター

1_2  
 
<材料>
 
切り干し大根 40g
人参 20g
ガゴメ昆布 6g
鷹の爪の輪切り 少々
米酢 大さじ1
きび糖 小さじ1
梅酢 小さじ1
醤油 小さじ2
サチャインチオイル 大さじ1
 

<作り方> 
 
one切り干し大根とガゴメ昆布は、それぞれ水に10分弱くらい浸してもどす。
人参は、千切りにする。
 
two切り干し大根の水を絞る。昆布も水を切る。
そしてボールなど和えるための容器にいれる。ここに人参もいれる。
 
three米酢にきび糖を溶かしてから、梅酢、醤油、サチャインチオイルを混ぜる。
 
fourtwoのボールにthreeを加えて和える。器に盛って、好みで鷹の爪を加える。

2018年9月12日 (水)

沖縄そば

蒲澤章子昆布大使
 
1
 
<材料>
(4人分)
 
豚スペアリブ 500g
水 1500ml
昆布 10㎝1枚
天然出汁パック 3p
酒 大さじ2
塩 小さじ3
醤油 大さじ1
沖縄そば麺 4食分
紅しょうが 40g
万能ネギ 適量
かまぼこ 適量
肉味付け調味料
出汁 300ml
泡盛 50ml
きび砂糖 大さじ3
醤油 大さじ3
 
 
<作り方>
 
one 分量の水に昆布を30分以上つけておく。
豚肉は、臭みや余分な脂を除くために熱湯にさっと通してからザルにあげておく。
 
two 鍋に昆布水と豚肉を入れて中火で煮る。
沸騰後弱火にして、アクをとりながら10分位煮て昆布を引き上げる。
さらに1時間ほどじっくり煮る。
 
three天然出汁パックを加えて10分程煮たら取りだし、ソーキ肉用のだし200mlと歌肉を取り出す。
 
four 小鍋に豚肉と出汁、ソーキ肉味付け用の調味料を入れ、落し蓋をして柔らかくなるまで煮る。
 
fiveそば用の出汁にAの調味料で味付けする。
万能ネギは小口切りに、かまぼこはスライスしておく。
 
six 沸騰した湯でそばをさっとほぐして湯切りし、器に盛りスープをかける。
ソーキ肉、かまぼこ、紅しょうが、万能ネギをのせる。

2018年8月27日 (月)

昆布出汁でつくる、トマトの味噌汁

松橋佳奈子昆布大使/国際薬膳師

1_4

<材料>
(2人分)
 
・トマト1/2個(プチトマトでもOK)
・油揚げ1/2枚
・みょうが1/2本
・昆布出汁350㏄
・赤味噌(無ければ合わせ味噌でも)小さじ2~3


<作り方>

one トマトは、湯向きする。
(十文字に切れ目を入れて、熱湯に5秒位沈めて冷水に取り、皮をむく)
 
twoトマトと油揚げは一口サイズ、みょうがはせん切りにする。
 
three鍋に昆布出汁を入れて加熱し、沸騰したらトマト・油揚げの順に加えて弱火で1分位煮る。火を止めて、味噌を溶く。
 
four器に盛って、みょうがを添える。
 
 
<ポイント> 
トマトを湯向きしてさっと加熱するのが、美味しく作るポイント!

2018年8月23日 (木)

おくらとろろ

大倉由美昆布大使/栄養士、フードコーディネーター、 食生活アドバイザー

1_3

<材料>
(4人分)
 
おくら 20本
A
昆布だし 2カップ
白だし 大さじ2
みりん 大さじ1
 

<作り方>
 
oneおくらは塩をふり板ずりして、熱湯でさっと茹でて水に取る。

two荒く刻んだおくらとAをミキサーにかけて出来上がり。

2018年8月19日 (日)

2種類の夏向きピッツァ

曽布川優子昆布大使/イタリアにてイタリア料理の免許取得

1_2
 
<材料>
(直径2枚分の型枚分)

強力粉      200g
昆布だし     150cc
★ぬるま湯状態
オリーブオイル 小さじ2
真昆布の粉末  小さじ1
砂糖・塩      ひとつまみ
イースト      5g
とけるチーズ   160g
ピザソース    大さじ2
タコ         50g
キムチ       40g
フレッシュトマト  1個(60g)
シソ         3枚
アンチョビ      1枚
ルッコラ       50g
エビ         45g
aオリーブオイル 小さじ1
aレモン汁     小さじ1
a塩・コショウ    少々
明太子マヨネーズ 適量
 

<レシピ>
 
oneボウルに強力粉を入れ真ん中にイースト粉の上に砂糖・塩・真昆布の粉末オリーブオイルを入れ昆布だしを少しずつ加えていく。
昆布だしは150ccの水に4gの昆布をつけて一晩置きぬるま湯状態に温める。
 
two昆布だしを少しずつ加えかき混ぜ生地がべとべとしなくなるまでボウルの中で打ち続ける。
 
three生地がをひとまとめにしてラップをして1時間位置く。
 倍に膨らむ。
 
four発酵した生地を半分に分け粉をふった台にのせ麺棒で3mmぐらいにのばし型にのせる。型には薄くオリーブオイルをふっておく。
 
five一つにはピザソース 刻んだキムチ刻んだタコ チーズの半量をのせる。
 
sixもう一枚は残りのチーズとアンチョビをちぎってのせる。
 
seven250℃に温めたオーブンでfivesixを約10~15分焼く。

eightタコキムチにはざく切りにしたトマトと千切りのシソをのせる。
 
nineアンチョビチーズには茹でたエビとルッコラを、aの調味料で和えたものをのせ、明太マヨネーズをかける。
明太マヨネーズは明太子15g マヨネーズ20gを混ぜ合わせたものを適量かける。

«昆布締めの後の昆布