こんぶネット み~んな大好き、おいしい昆布

昆布情報、昆布の豆知識、昆布レシピならこんぶネット|日本昆布協会

昆布だしの取り方
基本の「昆布だし」でプロの味
簡単がおススメ 人気の「昆布水」
ビックリあっという間に「昆布だし」
昆布水レシピ
だしを取った後の昆布レシピ

みんなのこんぶレシピとは

昆布や昆布加工品を使ったアイデアレシピをどんどん紹介します!
昆布はだしをとるだけでなく、いろいろな料理に使える優秀な食材。
レシピは全て一般の方から投稿されたオリジナル。みんなの昆布レシピをぜひ試してみてね♪

目指せ!昆布マイスター 昆布料理の基本からスピードメニューまで

昆布研究家の旬レシピ 旬の昆布レシピを楽しもう!

奥薗先生のずぼらこんぶ料理

読者になる

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月26日 (火)

【こんぶろぐ】切り干し大根と塩昆布のちょっとエスニックサラダ

pencilこんぶろぐライター“ひよひよ”さんのレシピをご紹介します。
記事はこんぶろぐを見てね!

2010081708

<材料(4人分)>

切り干し大根:80グラム、塩昆布:10グラム、ナンプラー:大さじ1、酢:大さじ2、ごま油:大さじ2、白ゴマ:適宜

<作り方>

one 切り干し大根は水でもどし、ぎゅーっと絞って水を切ります。
clip長さがあるようでしたら、キッチンバサミでジョキジョキ切ります。

two 材料をすべて入れ、混ぜ合わせ味をなじませます。

three 仕上げに 白ゴマを振って出来上がり。

scissors味をなじませるために、早めに作って少し、寝かせておいたほうがおいしいですよ。

2010年10月20日 (水)

【昆布を使った節約レシピ】昆布巻きミート

restaurant「昆布料理レシピ大募集」第一回テーマ:昆布を使った節約レシピ応募作品

flairレシピ考案者:けいここさん
20100722194907210237014060barato
(料理時間:約30分)

<材料と分量(4人分)>

豚ブロック(バラ): 450g、昆布: 60g、かんぴょう: 30g、茹でインゲン(盛付け用): 少々、
砂糖 :大さじ2、塩:小さじ1、しょうゆ: 大さじ3、みりん: 大さじ4、酒 :1/2カップ

<作り方>

one 豚ブロックは1cm厚に切り、昆布は水につけ、かんぴょうは塩水で戻しておく。

two 昆布1枚につき豚肉1切れを芯にしてくるくる巻く。巻き終わったらかんぴょうを巻きつけかた結びにする。それを鍋に並べていく。

three twoの鍋に昆布巻きがひたひたになるまで水をいれ火をつける。
沸騰してから中火で10分程度煮る。<br>更に酒を加え5~10分ほど弱火にして煮る。

four threeに砂糖、みりん、しょうゆ、塩を加える。
それから再び弱火にして15分ほど煮込んだら火を止めて完全に冷ます

scissors工夫した点・おすすめポイント

昆布の味が染み込んで、かんぴょうまでおいしいです。

2010年10月15日 (金)

昆布料理レシピ大募集! 今回のテーマは「昆布を使った酒の肴レシピ」 トラックバック応募受付中♪(12月30日まで)

1_3 

Present_2こんぶネット」では、昆布を使ったオリジナリティとアイデアあふれるレシピを大募集します。

「いつもの料理に昆布を入れたらおいしさがアップした」「この食材に昆布はピッタリ!」「この素材の組み合わせ、目からウロコで新しい~!」

そんな、新しい感性とヒラメキに満ちた、気軽に作れるあなたオリジナルの昆布レシピを募集します。

第3回目の募集テーマは「昆布を使った酒の肴レシピ」。
きざみ昆布、塩昆布、昆布粉末、とろろ昆布、昆布佃煮など、昆布製品を使った、お酒のあてにピッタリの粋なお料理、おつまみを大募集!昆布が使ってあれば、和洋中、創作料理、なんでもOK♪
楽しくておいしいワクワクのレシピをお待ちしています。

優秀作品には、おいしい昆布詰め合わせ(約1000円分)と、お役立ちミニリーフレット「こんぶっく」をプレゼントします!!
たくさんの方のご応募、お待ちしています!!

restaurant第3回募集内容(テーマ:昆布を使った酒の肴レシピ)
昆布を使った酒の肴(酒のあて、おつまみ)レシピを募集。あなたのオリジナルレシピに限ります。

【応募期間】 2010年10月15日(金)0:00 ~ 2010年12月30日(木)24:00まで
【結果発表】 2011年1月中旬  「こんぶネット」にて発表

restaurant応募方法
応募の流れは、こちらのページに詳細を記載していますのでご確認ください。

あなたのブログにテーマに沿ったレシピを記事として書いていただき、この「こんぶレシピブログ」にトラックバックした後、「トラックバック応募フォーム」に必要事項を記入の上応募という流れとなります。

restaurant賞品
優秀作品(毎回3名様): 昆布セット(1,000円分)+こんぶっく(昆布レシピなどが掲載されたミニリーフレット)

restaurant応募条件
日本在住の方であれば、どなたでも応募できます。
なお、応募作品はオリジナルで、かつ他のレシピサイトやコンテストに応募していないもの、レシピカードや本、パッケージなどに公表されていないものに限ります。
万が一、第三者からの権利侵害の主張など、トラブルが発生した場合、日本昆布協会では責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。

restaurant審査方法
こんぶネット事務局による厳正なる書類審査

restaurant発表方法
・優秀作品の発表は、2011年1月中旬を予定しています。なお、入賞者の発表は「こんぶネット」および当ブログで行います。
・賞品のお届けは2011年1月下旬を予定しております。
・受賞に関してのお問い合わせにはお答えできませんのでご了承ください。

restaurant応募レシピの取り扱いについて
・トラックバックしていただいた記事の内容や掲載画像は、当ブログ上や「こんぶネット」上で使用させていただく場合があります。その際、文章や画像を一部編集させていただく可能性がありますので、あらかじめご了承ください。
・トラックバックした記事に表記されている内容によっては、トラックバックを削除させていただく場合がございます(不適切な内容だとこちらが判断したもの)。
・トラックバックしていない場合は選考の対象外となります。
・応募作品は、期間終了後も引き続き当サイト上や「こんぶネット」上で掲載させていただきます。作品を当サイトに投稿されたことにより、上記の注意事項および応募レシピの取り扱いで記載された事項について、ご本人様のご承諾をいただいたこととなりますのでご留意ください。

restaurantお問い合わせ先
株式会社ハーストーリィプラス こんぶネット事務局
〒733-0834 広島市西区草津新町2丁目15-17
TEL:082-942-1191  ※お電話の対応は平日の10時~17時となります。
メール: kombunet@hs-plus.jp

2010年10月14日 (木)

【昆布を使ったお菓子】米粉の昆布ビスコッティ

restaurant「昆布料理レシピ大募集」
第2回テーマ:子どもも大好き昆布メニュー&昆布を使ったお菓子 優秀作品


flairレシピ考案者:ういたんさん
3   
(料理時間:約35分)

Otama_3材料と分量(2人分)
米粉:75g、昆布(だしを取った後のもの):10g、きび砂糖:25g、ベーキングパウダー:4g、卵(Lサイズ):1個

Otama_3作り方

one だしを取った後の昆布は天日干しして、ミルサーで粉状にしておく。

two ボールに米粉、昆布、きび砂糖、ベーキングパウダー、卵を入れて均一に混ぜる。

three 厚さ2cmくらいの長方形にまとめる。

four 約4cmくらいの厚さにして、180度のオーブンで20分焼く。

five オーブンから取り出して粗熱を取った後、1.5cm幅にカットし、断面を上にして180度のオーブンで10分焼く。

Line

scissors工夫した点・おすすめポイント
だしを取ったあとの昆布は、いつも佃煮や煮物にして食べていたのですが、何か他に使えるレシピがあればと考えました。材料を入れて混ぜるだけなので、お子さんも一緒に作れます。米粉を使っているので腹持ちもよく、生地を3日間冷蔵保存ができるので、生地を仕込んでおけば、いつでも焼きたてのビスコッティが食べられます。(レシピ考案:ういたんさん)

【昆布を使ったお菓子】とろろん☆りんごアイスクリーム

restaurant「昆布料理レシピ大募集」
第2回テーマ:子どもも大好き昆布メニュー&昆布を使ったお菓子 優秀作品


flairレシピ考案者:しよしえさん
2   
(料理時間:約20分)

Otama_3材料と分量(2人分)
りんご:1/4個、とろろ昆布または塩昆布:3g、バニラアイス:1パック(200cc)

Otama_3作り方

one りんごは1cmの角切りにする。とろろ昆布はキッチンばさみで細かく切る。

two ボウルにアイスクリームと one を入れ、よく混ぜる。

three 冷凍庫で15分程冷やし固める。器に盛りつけ、いただきますnote

Line

scissors工夫した点・おすすめポイント
とろろ昆布入りのアイスクリーム。とろろ昆布を入れることで、普通のバニラアイスが風味アップ! りんごのしゃきしゃき感と合って絶妙な味です。美味しいけど何が入ってるの~?と誰もがきいてきます。もちろん、当てる人はいません(笑)。(レシピ考案:しよしえさん)

【昆布を使ったお菓子】昆布と桜えびの揚げせん

restaurant「昆布料理レシピ大募集」
第2回テーマ:子どもも大好き昆布メニュー&昆布を使ったお菓子 優秀作品


flairレシピ考案者:ぽちさん
1 
(料理時間:約20分)

Otama_3材料と分量(8人分)
ホットケーキミックス:100g、小麦粉:大さじ4、塩:小さじ1/2、水:大さじ5、オリーブオイル:小さじ1、白ゴマ:大さじ2、きざみ昆布:5g、桜海老:5g、サラダ油

Otama_3作り方

one 材料を全てボウルに入れてこねる。混ざったらひとかたまりにする。

two 打ち粉をして、生地をおき、麺棒で伸ばす。三角の形に包丁で切る。

three サラダ油を熱し、160℃で色づくまで揚げる。

Line

scissors工夫した点・おすすめポイント
生地はなるべく薄く伸ばした方が、パリッとしていい食感になります(厚めだとクッキーっぽい味わいです。)
ホットケーキミックスで作る使うお菓子は洋風おやつが中心ですが、昆布アレンジで和風にしちゃいました! 塩味がきいているので、やめられない、止まらないおやつです。子どもたちも大のお気に入りです。(レシピ考案:ぽちさん)

2010年10月12日 (火)

【昆布を使った節約レシピ】切り昆布と桜海老のナンプラー炒め

restaurant「昆布料理レシピ大募集」第一回テーマ:昆布を使った節約レシピ応募作品

flairレシピ考案者:みずたまさん
20100713154754123220220031
(料理時間:約10分)

<材料と分量(2人分)>

切り昆布:1パック(約100g)、桜海老:大2、紹興酒:大1、ナンプラー:小1、塩:ひとつまみ

<作り方>

one 切り昆布は食べやすい長さにざく切りにしておく

two 鍋に油を熱し、切り昆布と桜海老を入れて炒める

three 油が回ったら、調味料を加えてさらに炒め、香りがしてきたら火を止め、できあがり♪

scissors工夫した点・おすすめポイント

切り昆布といえば和の煮物が定番でそれも大好きなのですが、エスニックテイストで楽しみたいと思ってやってみました。
どれも海の素材なので相性最高です!(レシピ考案者:みずたまさん)

2010年10月 6日 (水)

【こんぶろぐ】なんちゃって鯛めし

pencilこんぶろぐライター“ひよひよ”さんのレシピをご紹介します。
記事はこんぶろぐを見てね!

2010081104

<材料>

鯛のアラ、お米:5合、だし昆布、酒:大さじ2、しょう油:大さじ1、塩:小さじ1と1/4くらい

<作り方>

one 鯛のアラは こんがりと焼いておきます。

two 普通に米をといで、水加減は 普段の白米炊飯のときより気持ち少なめにしてそこに 酒、しょう油、塩を加えます。

three 焼いた鯛のアラ、昆布を入れて炊き上げます。

2010081102

four 炊き上がったら、鯛のアラからはずした身と、こんぶを千切りにしたもの、白ゴマをごはんに混ぜたら出来上がり。

鯛のアラとこんぶの旨みがしっかりごはんにしみこんで美味しいですよ~。
出汁を別にとる手間もなくお財布にもヤサシイ(笑)ですよ。

2010年10月 1日 (金)

【昆布を使った節約レシピ】しめじ☆アボカドの柚子こしょう風味 クリームチーズ入り

restaurant「昆布料理レシピ大募集」第一回テーマ:昆布を使った節約レシピ応募作品

flairレシピ考案者:みるぽんさん
20100705161505121080144066cimg5121a

(料理時間:約10分)

<材料と分量(2人分)>

しめじ:1/2パック、青ねぎ:大さじ1、アボカド:1/2個、ミニトマト:2個、クリームチーズ:20g、柚子こしょう:少々、ぽん酢:大さじ1、塩こんぶ:小さじ2、酒:大さじ1、胡椒:少々、パプリカ粉:少々

<作り方>

one しめじ1/2パックは、耐熱容器に入れ酒大さじ1を回しかけレンジ強で1分チンする

two ねぎは小口切りに、ミニトマトは半分に。
アボカド、クリームチーズは、さいの目にカット。

three 柚子こしょうとぽん酢を混ぜ合わせます。

four その中にチンしたしめじとねぎ、アボカドミニトマト、クリームチーズ、塩こんぶを入れ
ざっくりと混ぜ合わせる

five 最後に、胡椒とパプリカ粉を彩りよく振り掛ければ完成!

scissors工夫した点・おすすめポイント

アボカドが苦手な息子の為に考えました。
アボカドはクリーミーなんだけど味が無い、それでしっかりとした味付けに!
クリーミー繋がりでチーズも加えてみたらさらに美味しくなりました
目で見ても楽しめるように彩りにも拘ってみました。(レシピ考案者:みるぽんさん)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »