こんぶネット み~んな大好き、おいしい昆布

昆布情報、昆布の豆知識、昆布レシピならこんぶネット|日本昆布協会

昆布だしの取り方
基本の「昆布だし」でプロの味
簡単がおススメ 人気の「昆布水」
ビックリあっという間に「昆布だし」
昆布水レシピ
だしを取った後の昆布レシピ

みんなのこんぶレシピとは

昆布や昆布加工品を使ったアイデアレシピをどんどん紹介します!
昆布はだしをとるだけでなく、いろいろな料理に使える優秀な食材。
レシピは全て一般の方から投稿されたオリジナル。みんなの昆布レシピをぜひ試してみてね♪

目指せ!昆布マイスター 昆布料理の基本からスピードメニューまで

昆布研究家の旬レシピ 旬の昆布レシピを楽しもう!

奥薗先生のずぼらこんぶ料理

読者になる

« 2013年5月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年3月

2015年3月13日 (金)

むらさきSoup

さかもと萌美昆布大使
/料理教室 口福塾主宰・1級フードアナリスト

むらさきSoup

Dsc_2307aa

<材料>

・だしを取った後の昆布:5g
・紫キャベツ:400g
・じゃがいも:200g
・マッシュルーム:3個
・昆布水:800cc
・紫タマネギ:1個(180~200g)
・生クリーム:100cc
・塩、胡椒:適量

<作り方>

★昆布水
昆布の「うま味」は断面から出るので麦茶のポットなどに1Lの水を用意し、
昆布10gを細く切って入れ一晩置く。

one 紫キャベツはざく切りに、紫タマネギは櫛切り、じゃがいも、マッシュルームは
薄切りにしておく。

two 鍋に切った野菜、昆布水とだしを取った後の昆布を入れ、やわらかくなるまで茹でる。

three ミキサーにtwoを入れ、ビロードのようになめらかになるまでかける。

four 鍋にthreeを戻し入れ、生クリームを入れ、ひと煮立ちさせたら塩・胡椒で味を調える。

clipワンポイント

・昆布水の作り方は簡単!色々な料理に使えて便利です。
・だしを取った後の昆布もいっしょに加える簡単で、疲れた胃い優しいスープです。

塩ふき昆布

古谷史織昆布大使/ 調味料アドバイザー

塩ふき昆布

Furuyaimgp3818aa

<材料(4人分)>

・だしを取った後の昆布:150g 
[煮込み用調味料]
・濃口醤油:大さじ1・ 1/2
・米酢・きび砂糖・みりん:各小さじ1

[仕上げ用調味料]
・塩 :大さじ1
・きび砂糖: 小さじ1

<作り方>

one だしを取った後の昆布を千切りにし、ザルにいれて手早く水で洗い、ぬめりを落とす。

two 昆布と[煮込み用調味料]を底の広い鍋に入れ、弱火~中火で焦げつきに注意しながら水分がなくなるまで混ぜながら加熱する。

three 天板の上にシワにしたオーブンペーパーを引き、100度で30分程様子を見ながら加熱する(昆布を半生状態に乾燥させる)。

four 冷めたら[仕上げ用調味料]をよく絡め、一晩常温におき完成。

clipワンポイント

・調味料で煮込んだら、半生に乾燥させるのがポイントです!
・塩はなるべく粒子が細かく、にがり成分が多く残っているものを選ぶようにしましょう。

ごぼつく昆布

芦澤美雪昆布大使/ 生活クラブ食のコンシェルジュ

ごぼつく昆布

Asizawaaa

<材料(4人分)>

・だしを取った後の昆布:40g
・ごぼう:100g
・だし汁:150cc
・ごま油:大さじ1/2
・生姜:3片
・醤油:20cc
・麦芽あめ:60~70g(好みの砂糖でどうぞ)
・ごま:大さじ1
・ごま辛味オイル(ラー油):小さじ2

<作り方>

one だしを取ったあとの昆布をフードプロセッサーにかけてみじん切りにする。

two ごぼうをよく洗い、水にさらさずにすり下ろす。

three 鍋にごま油をひき、すりおろした生姜の香りを出すようにゆっくり炒める。

four threeにすりおろしたごぼう、昆布、だし汁、麦芽あめ、醤油を入れて汁気がなくなるまで煮詰める。

five 水分がなくなってきたら、ごま、ごま辛味オイルを入れて、火を止める。

clipワンポイント

・なるべく新鮮なごぼうを使うと無駄に皮をこすらずに簡単に洗え栄養価もあがります。
・ごぼうは食物繊維の豊富な野菜の代表。身体が喜ぶ、常備しておきたいレシピです。

土鍋で簡単☆昆布と鶏ごぼう&きのこの炊き込みご飯

白沢千春昆布大使/ ヒーリングフード・エキスパート・インストラクター

土鍋で簡単☆昆布と鶏ごぼう&きのこの炊き込みご飯

Aa_3

<材料(4~5人分)>

・だしを取った後の昆布:乾燥時:15g
・昆布だし:600ml
・米:3合
・鶏もも肉:1/2枚
・ごぼう:1/2本
・人参:1/2本
・油揚げ:1枚
・しめじ:1パック
・さやえんどう:適宜

(調味料)
*しょうゆ 大さじ2
*酒    大さじ3
*みりん  大さじ1・1/2
*塩    小さじ1/2

<作り方>

one お米は研いで30分くらい水に浸してから、ザルにあげて水を切る。

two ごぼうをささがきにして水にさらし、ザルにあげておく。

three 鶏肉・人参は小さくカットし、しめじは小房に裂いておく。
油揚げは湯通しして、細かくする。

four だしを取った後の昆布を1.5㎝角に切る。

five 土鍋にごま油を熱し、鶏肉、ごぼう、人参を炒める。
しんなりしてきたら、じめじと油揚げも加え、*印の調味料を加えて味付けをする。

six 一度火をとめて、お米と昆布だし、角切り昆布を加えて軽く混ぜ、ふたをして中火にかける。

seven沸騰したら、弱火で10~12分炊く。
火を止め、約15分ふたを開けずにそのまま蒸らす。
さやえんどうを軽く茹で、細切りにして飾る。

clipワンポイント

・鶏肉の代わりに豚の薄切り肉に、きのこはお好みの種類などにアレンジOK!
・白米を炊くときは沸騰まで強火で炊きますが、炊き込みご飯は焦げやすいので、中火くらいがよいです。

昆布みそ飯

ツシマミチコ昆布大使/ 管理栄養士・薬膳アドバイザー

昆布みそ飯

Cimg1683aa

<材料(2人分)>

・だしを取った後の昆布:5g 
・みそ:大さじ1    
・塩:大さじ1
・塩こうじ:大さじ1
・生姜:1片
・にんにく:1片  
・米:2合

<作り方>

one お米を研ぎザルにあげておく。

two だしを取った後の昆布は細く切っておく。

three みそ、塩、塩こうじを合わせておく。

four にんにく、生姜をすりおろす。

five お米に水2合分を加え、炊飯器にセットする。

six twothree fourを加えざっと混ぜてスイッチオン。

clipワンポイント

・だしを取った後の昆布はまとめて冷凍しておけます。
・小さい子供さんのおられる場合は、ニンニクと生姜は少し控えめに。

だしがら昆布ディップ~季節のお野菜を添えて~

菊間恵子昆布大使/ アクティブ野菜ソムリエ

だしがら昆布ディップ~季節のお野菜を添えて~

Aa_2

<材料(1人分)>

・だしを取った後の昆布:10g 
・アンチョビフィレ:10g
・マヨネーズ:大さじ 2・1/2
・オリーブオイル:小さじ1・1/2 
・リンゴ酢:小さじ1
・ニンニク:2g (お好みで調整して下さい。)

<作り方>

one だしを取った後の昆布は、包丁やフードプロセッサーなどで細かく刻む。
ニンニクはすりおろす。

two ボウルにアンチョビフィレを入れフォークなどですり潰し、oneとマヨネーズ、オリーブオイル、リンゴ酢を加えよく混ぜ合わす。

three 季節のお野菜などにディップとしてつけて食べて下さい。

clipワンポイント

・透明な器に「だしがら昆布ディップ」を入れ、季節のお野菜を盛り付けるとおもてなしの一品に。
・リンゴ酢は、リンゴ果汁だけを使って醸造されたお酢です。米酢、白ワインビネガーなどお好みのお酢を使っても良いと思います。

2015年3月12日 (木)

エコんぶナムル

掛飛(かけひ)まどか 昆布大使
/キッズキッチン協会認定インストラクター

エコんぶナムル

Kakehi

<材料(2人分) >

・だしを取った後の昆布:1mmの細切り昆布(乾燥時:約10g)
・お好きなオイル:大さじ2
(エクストラヴァージンオリーブオイル、ごま油など香りのよいものがオススメ)
・お好きなナッツ:適量(麻の実ナッツなど)
・塩:お好みで

<作り方>

one 出汁を取った後の昆布(細切り)、オイル、ナッツなどの材料を全て入れ、手でよく混ぜる。

two 塩は少しずつ入れて混ぜながら好みで味付けする。

clipワンポイント

・手で混ぜるのがコツ!
・あられや炒り玄米などを混ぜても香ばしいです。
・味付けは醤油やポン酢などでも美味しいです。

ザクザク昆布ごまだれ

山口加奈子昆布大使 / 乾物マエストロ

ザクザク昆布ごまだれ

Img_4483

<材料>

・だしを取った後の昆布:5g程度
・酢:大さじ1(茹で水用)
・醤油:大さじ1
・酢:大さじ1/2
・砂糖:大さじ1/2
・豆板醤:少々
・みそ:少々
・昆布の茹で汁:大さじ2
・すりおろし生姜:少々
・すりごま:大さじ1・1/2

※お好みでおろしにんにくやごま油を加える

<作り方>

one だしを取った後の昆布を鍋に入れ、ひたひたより多めの水に酢大さじ1を加え、柔らかくなるまで火にかける。(※水出しした真昆布のだしがらを使った場合で15分程度)

two 昆布を細かなサイの目切りにする。

three oneの茹で汁と調味料、刻んだ昆布、すりおろし生姜、すりごまをよく混ぜ合わせれば完成。

clipワンポイント

・少量のだしを取った後の昆布をすぐに活用できるレシピです。
・冷奴や冷しゃぶなど、夏にいただく様々な料理に合います。

夏の冷製昆布スープ

木下あやこ昆布大使 /中医薬膳指導員、雑穀エキスパート

夏の冷製昆布スープ

Dscf0004aa_2


<材料(4人分)>

・だしを取った後の昆布:適量 (5×12cm位)
・きゅうり:1本
・豆腐:1丁
・くこの実:適量

*スープのもと:適量
*自然塩:小さじ1弱
*昆布水又は水:1/2カップ

・昆布水:3・1/2カップ (昆布を水に一晩浸けておいたもの)
・こしょう           

<作り方>


one 鍋に*を入れて火にかけてよく溶かし、千(細)切りにした昆布を加えてさっと火を通す。火を止め、荒熱が取れたら昆布水、くこの実を加えて冷やす。

two きゅうりは長さを4等分にしたものを千切りにし、塩少々(分量外)を合わせてしばらく置き、水気を軽く取る。豆腐は1.5cm位の角切りにする。

three 器にtwoを分け入れ、oneを注ぎ入れて出来上がり。
お好みでこしょうを少々かけてください。

clipワンポイント
・きゅうり、昆布はできるだけ細切りにすると涼やかで、スープになじんで美味しいです。
・くこの実は目の疲れによく、昆布とともに若さを保つ食材です。
・枝豆、トマト、とうもろこしなど、お好みの夏野菜でもお試しください。

« 2013年5月 | トップページ | 2015年5月 »