こんぶネット み~んな大好き、おいしい昆布

昆布情報、昆布の豆知識、昆布レシピならこんぶネット|日本昆布協会

昆布だしの取り方
基本の「昆布だし」でプロの味
簡単がおススメ 人気の「昆布水」
ビックリあっという間に「昆布だし」
昆布水レシピ
だしを取った後の昆布レシピ

みんなのこんぶレシピとは

昆布や昆布加工品を使ったアイデアレシピをどんどん紹介します!
昆布はだしをとるだけでなく、いろいろな料理に使える優秀な食材。
レシピは全て一般の方から投稿されたオリジナル。みんなの昆布レシピをぜひ試してみてね♪

目指せ!昆布マイスター 昆布料理の基本からスピードメニューまで

昆布研究家の旬レシピ 旬の昆布レシピを楽しもう!

奥薗先生のずぼらこんぶ料理

読者になる

« 塩昆布と女川産サンマの佃煮 | トップページ | トマト昆布水のそばの実入りスープ »

2015年6月 1日 (月)

グリーンスムージー

菊間恵子昆布大使/アクティブ野菜ソムリエ、ベジフルビューティーアドバイザー

グリーンスムージー

2015061402

<材料>

・昆布水:80ml
・小松菜:50g 
・リンゴ:60g  
・レモン汁:少量

<作り方>

小松菜は2cm幅に切り、リンゴ(果皮つき)は適当な大きさに切ります。  

ミキサーに全ての材料を入れ、滑らかになるまで攪拌します。

 作りたてをすぐに飲んで下さいね。

ワンポイント

・リンゴの果皮にはポリフェノールが豊富に含まれているので、しっかり洗って果皮ごと使いましょう。
                 
・小松菜は、アクが少ないので生食での調理にも向いています。
 
・カロテンの吸収率を高める為に、良質なオリーブオイル(油脂類)を少量加えてもよいでしょう。
 
・小松菜は、カロテン、ビタミンC、カルシウム、カリウム、鉄分、食物繊維など様々な栄養成分をまんべんなく含む栄養価の高い 「緑黄色野菜」のひとつです。
 カロテン、ビタミンCも豊富なので美肌効果も期待できます。
 
・リンゴは、水溶性の食物繊維(ペクチン)、リンゴポリフェノール(抗酸化作用)、カリウム(むくみ解消)などの多くの有効成分を含みます。 食物繊維(ペクチン)には血糖値の上昇を抑える働きがあり、リンゴポリフェノールには脂肪の蓄積を抑える作用もあるとされ、ダイエットにも最適な果物です。   



★KEIKO流 昆布水の作り方                 
2015061401
 
<材料(1~2人前)>

・昆布(利尻昆布):10~15g (昆布水には、利尻昆布、羅臼昆布、真昆布がおすすめです。
・水:1L(軟水を使うと昆布の旨みがよく抽出されます。)
 
 
<作り方>
 
ピッチャーに10~15gの昆布を入れて1Lの水を注ぎ、1晩冷蔵庫で寝かせます。
※5~6時間以上は寝かせて下さい。私のおすすめ寝かせ時間は10時間位です。
 水1Lに対し「昆布 10g ・ 10時間」と覚えると分かりやすいですね。
 
 
ワンポイント

・お料理のだしとして使うのはもちろん、朝の1杯にそのまま飲むのもおすすめです。
 
・通常食べる量では問題はないとされますが、ヨウ素や塩分を過剰に摂取したくない方は、はじめに水の入ったボウルに昆布を入れて15~20分程おき、そのお水を一旦捨ててから作り方の作業をして下さい。 
                                   
 
・お水は、浄水された水やミネラルウォーター(軟水:クセがなくまろやか)、湯冷ましなどを使うとより美味しい昆布水が作れます。
 
・昆布水は、できればその日の内に、2日間で使いきって頂くことをおすすめします。                                      
 
・昆布水を作った後の昆布は、やわらかくそのままでも食べられますし、色々なお料理にも使えます。                   
 
・昆布には、美肌を保つホルモン=甲状腺ホルモンの構成要素である「ヨード(ヨウ素)」が豊富に含まれていて、海藻類の中で最も多く含んでいます。
 このヨードは、身体の細胞の新陳代謝を活発にして、美容面では皮膚や爪、髪などを丈夫にしてくれる効果があるとされています。

« 塩昆布と女川産サンマの佃煮 | トップページ | トマト昆布水のそばの実入りスープ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 塩昆布と女川産サンマの佃煮 | トップページ | トマト昆布水のそばの実入りスープ »