こんぶネット み~んな大好き、おいしい昆布

昆布情報、昆布の豆知識、昆布レシピならこんぶネット|日本昆布協会

昆布だしの取り方
基本の「昆布だし」でプロの味
簡単がおススメ 人気の「昆布水」
ビックリあっという間に「昆布だし」
昆布水レシピ
だしを取った後の昆布レシピ

みんなのこんぶレシピとは

昆布や昆布加工品を使ったアイデアレシピをどんどん紹介します!
昆布はだしをとるだけでなく、いろいろな料理に使える優秀な食材。
レシピは全て一般の方から投稿されたオリジナル。みんなの昆布レシピをぜひ試してみてね♪

目指せ!昆布マイスター 昆布料理の基本からスピードメニューまで

昆布研究家の旬レシピ 旬の昆布レシピを楽しもう!

奥薗先生のずぼらこんぶ料理

読者になる

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月30日 (金)

簡単おいしいパパのアテ

坂本萌美昆布大使/料理教室 口福塾主宰、1級フードアナリスト

簡単おいしいパパのアテ

201510_1201

<作り方>

one トースターの天板にホイルを引き、ホタルイカをキレイに並べる。

two ホタルイカの足がチリチリっとなるくらいが目安ですが、だいたい200度で10分ほど焼く。

three 煮沸した瓶にオリーブ油と切り昆布を入れ、その上に熱いままのtwoのホタルイカを(熱い間に)入れ、荒熱がとれたら瓶の蓋をして1週間ほど冷蔵庫で保存。


clipワンポイント

・菜の花のおひたし等と一緒にしても春らしい美味さですし、残りのオイルはパスタなどにお使いください。

・そのやり方で牡蠣やトコブシなども美味しく保存できます!

2015年10月28日 (水)

昆布パウダーでお手軽ふりかけ

田中美弥昆布大使/シニア野菜ソムリエ、農林水産省 食のオフィシェ

昆布パウダーでお手軽ふりかけ

201510_1101

<材料(約2人分)

・しらす:50g
・エゴマ:大さじ1(ゴマでも可)
・干しエビ:小さじ1(細かく砕いたもの)
・エゴマの葉:1~2枚(大葉でも可)
・昆布パウダー:小さじ半分

<作り方>

one 熱したフライパンにごま油大さじ1をいれ、しらすを炒めカラッとしてきたらエゴマをいれる。

two 粗熱を取った1に砕いた干しエビ、昆布パウダーをいれ、サクッと混ぜる。

three 食べる直前に刻んだエゴマをのせる。



clipワンポイント

・昆布パウダーを多くすると粘りがでますので、好みで加減してください。
・エゴマに含まれるαリノレン酸には血液サラサラ効果があると言われています。

2015年10月26日 (月)

春の味覚、ふき味噌

掛飛 まどか 昆布大使/キッズキッチン協会認定インストラクター

春の味覚、ふき味噌

201510_1001

<材料>

・ふきのとう
・昆布水
・だしをとった後の昆布(乾燥重量で10グラムほど)

[調味料]
・ゴマ油(大さじ1~2)
・味噌
・醤油
・みりん
・砂糖
などお好みで。

<作り方>

one ふきのとうをひたひたの昆布水でゆがき、水気をしぼる。

two 昆布とふきのとう、胡麻油をミキサーにかけ滑らかにする。

three twoを鍋に移し、煮詰めながらお好みの調味料で味付けする。



clipワンポイント

・昆布水であく抜きし、昆布とミキサーにかけることで、ふきのとうの苦味がほどよくぬけ、まろやかになるので、甘味がすくなくても美味しくできあがりますよ!

2015年10月23日 (金)

生麩昆布巻き

白沢千春昆布大使/ヒーリングフード・エキスパート・インストラクター

生麩昆布巻き

201510_0901

<材料3~4人分)

・早煮昆布:15㎝ 4本
・かんぴょう(干し):15㎝ 4本
・生麩

[調味料]
・日本酒:大さじ2
・醤油:大さじ2
・みりん:大さじ2

<作り方>

one 早煮昆布は水につけて5分くらい戻す。

two 昆布を広げ、生麩をのせてしっかり巻く。生麩の長さに合わせて、昆布の長さは調節する。

three かんぴょうは水につけて5分戻したら、よくもみ洗いした後、10分位 湯につけておく。これを縦に半分に切り、twoに巻き結ぶ。仕上がりで切ることを考えて、昆布巻きの中央位置に結びがくるよう、数か所に巻き結ぶ。

four 巻き終わりを下にして、鍋に並べる。(この時、鍋の底に隙間なく並べて、隙間ができてしまう場合は、大根などで隙間をうめること)

five [調味料]を全て入れて、鍋の中の昆布巻きが動かないように、落し蓋をして中火にかける。沸騰したら、弱火にして煮汁がなくならないようにして、15~20分位煮る。


clipワンポイント

・早煮昆布を使うので、時間が短く煮ることができます。
・中に入れる具材は、スモークサーモン、人参、ゴボウ、新生姜など自由にアレンジが可能です。

2015年10月21日 (水)

塩昆布パン

桑波田愛昆布大使

塩昆布パン

201510_0801

<材料>

[生地]
・強力粉:400g
・バター:20g
・ドライイースト:8g
・水:280ml(人肌温度)

[具]
・塩昆布:80g(みじん切りで細かく)
・チーズ:60g
・バター:少々

<作り方>

one ボールに強力粉、バター、ドライイーストを入れます。そのあとに水をいれます。

two こねてこねて生地がまとまってきたらみじん切りをして細かくなった塩昆布を4回にわけていれてさらにこねます。

three こね終えたら1次発酵♫ 40℃の場所に3時間置いておきます!(オーブンの機能に発酵がある機械もあり!)

201510_0802

four ボールいっぱい膨らんだ生地を今度は4等分して丸めます。丸まったらそれを平らにのばし、上にチーズをのせます!

five のせたらくるくると生地を巻き、巻いた生地の両端を折り返して閉じ目をし、巻き終わりも閉じます。

six その状態で2次発酵!(今度は40℃の場所に20分~♫)
2次発酵が終わったら記事の真ん中に包丁をいれて切り目をいれて、その切り目のふちにバターを塗ります。(焦げ目をつけるために☆)

seven そしたらオーブンの温度を200℃に設定して余熱なしで35分焼きます!(焦げ目が足りないなと思ったら焼き足します!)

201510_0803

eight こんがり焼け目がついたら完成ーーーーーっ☆*

2015年10月19日 (月)

K.KTK1甘酒の豆乳割り

mocco昆布大使/野菜ソムリエ、ジュニア・アスリート フードマイスター

K.KTK1甘酒の豆乳割り

201510_0701
201510_0702

<材料>

・玄米:3合
[内1合:こしひかりつくば黒米1号(KTK.1)使用]

・昆布:1枚(今回は長さ15㎝)
・水:1000ml
・麹:400g

<作り方>

one 玄米・昆布を1日浸水(分量外)する。

two 翌日、浸水してない水を含め分量水でお粥を炊く。昆布も細く刻んで混ぜる。

three お粥が65℃に下がったら麹を混ぜる。(温度計で50℃より下がらないように弱火にかけて調整する。今回は、保温可能鍋を使用し、55〜65℃をキープした)

four 時々、温度を測りながら半日を目安に仕上げる(今回は14時間)

five ブレンダーで撹拌する(甘味が増す)
(写真は豆乳で割り、塩を少々くわえました。)

clipワンポイント

・昆布水で浸水したお粥に昆布ごと混ぜる事で甘酒の仕上がりにコクが増し旨味を深く味わえます。

2015年10月16日 (金)

金目鯛と蕪の煮付け

扇田彩子昆布大使

金目鯛と蕪の煮付け

201510_0602

<材料>

・金目鯛:4切れ
・蕪:4個
・昆布:10g
・水:1カップ

[調味料]
・酒、みりん、醤油:各大さじ3
・さとう:小さじ2


<作り方>

one 昆布は小さく切って水につけておく。

two 鍋に[調味料]とoneを火にかけ、煮立ったら金目鯛と蕪を入れ落し蓋をして煮る。

three 蕪は柔らかくなりすぎないように気をつける。


2015年10月14日 (水)

長ネギとマグロの小鍋仕立て~昆布だし~

菊間 恵子昆布大使/アクティブ野菜ソムリエ、ベジフルビューティーアドバイザー

長ネギとマグロの小鍋仕立て~昆布だし~

201510_0501

<材料>

・長ネギ:100g (約1/3本)
・マグロ(柵):約60g (刺身用:4枚位)
・シイタケ:1枚(約20g)
・水:150cc
・昆布:2~3cm角1枚
・酒:小さじ1
・みりん:小さじ1
・醤油:小さじ1・1/2
・塩:少量

<作り方>

one 長ネギは7~8mmの斜め切り、シイタケは薄切りにします。
マグロ(柵)は、平造り(7~8mm幅切り)にします。

two 鍋に水と昆布を入れて火にかけ、酒、みりん、醤油、塩を加えます。

three twoに長ネギ、シイタケを入れ、煮立つ前にマグロを加えひと煮立ちさせます。



clipワンポイント

・今回は、お水と昆布を直接鍋に入れて火にかけましたが、「昆布水」を利用するとより濃厚な昆布だしが味わえます。昆布水には、利尻昆布、羅臼昆布、真昆布がおすすめです。

・長ネギは、加熱するとクタッとやわらかくなるので、厚めの斜め切りにするとよいでしょう。

2015年10月12日 (月)

即席特製ドレッシングの冷しゃぶサラダ

神田美優昆布大使/ベジタブル&フルーツアドバイザー

即席特製ドレッシングの冷しゃぶサラダ

201510_0401

<材料(1~2人分)

・しゃぶしゃぶ用豚肉:10枚くらい
・レタス:適量
・トマト:適量
・他お好みの野菜:適量
・塩昆布:1~2つかみくらい
・鰹節:適量

[調味料]
・マヨネーズ:10g
・醤油:10g
・味醂:10g
・はちみつ:10g


<作り方>

one 野菜のサラダはお好みのものを用意。お皿にセッティングしておく。

two 豚肉を昆布だし(普通のお湯でも可)でさっとしゃぶしゃぶし氷で冷やします。

three [調味料]をすべてよく混ぜ合わせます。

four 豚肉をサラダにのせてドレッシングを上からかけ、塩昆布、鰹節をたっぷり盛り付けたら完成です。


clipワンポイント

・今回レタス使ってますが、このドレッシングはキャベツ向きかと。

201510_0403


201510_0402

2015年10月 9日 (金)

使用後の昆布で作るシリーズ~其の2~

さかもと萌美昆布大使/料理教室 口福塾主宰、1級フードアナリスト

使用後の昆布で作るシリーズ~其の2~

201510_0301

<材料>

・はんぺん:1枚
・長芋:100g
・アンチョビペースト:大さじ1
・片栗粉:大さじ2
・干しえび:10g
・玉ねぎ:30g
・mixベジタブル:適量
・3ml角にカットした昆布:適量

 

<作り方>

one 長芋は皮を剥き、輪切りにし、薄い酢水につける。玉ねぎはみじん切りにしつおく

two 手でちぎったはんぺん・長芋(1)・アンチョビペースト・片栗粉をフードプロセッサーにかける

three ボウルに2を移し、昆布・干しエビ・玉ねぎ・mixベジタブルを混ぜ種を作る

four 手に水をつけ、種(3)を好みの大きさに丸めて160度の油で色がつくまで揚げる
(直径5cmで15~17個くらい出来ます。)


2015年10月 7日 (水)

甘夏ちらし寿司

芦澤美雪昆布大使/生活クラブ食のコンシェルジュ

甘夏ちらし寿司

201510_0201

<材料>

・米:2合
・昆布:5㎝
・甘夏:1個
・むきえび:6〜7匹
・菜の花:6本程度 (きぬさや、きゅうり、小松菜 などでも良い)
・干し椎茸:8個
・人参:1/3本
・蓮根:小さめ半分
・きゅうり(飾り用)
・卵:2個 
・いりごま:大さじ3

[合わせ酢] (好みで普通の酢飯でも)
・甘夏の絞り汁:大さじ3
・砂糖:大さじ1・1/2
・塩:少々

<作り方>

one 米は洗って水気をきり、分量の水とともに昆布を5㎝ほどいれ、30分浸水させてから炊く。(昆布水と昆布でも)

two 甘夏をむき、適当なサイズにほぐす。6房は飾りにとっておく。

three むきえびは酒と塩少々を入れて湯がき、背中から半分にスライスする。

four 干し椎茸、人参、蓮根は2cmの千切りにする。醤油大さじ1強 砂糖大さじ1強で煮る。

five 卵は錦糸卵にする。片栗粉小さじ1を同量の水でといておく。卵を割ほぐし、みりん小さじ1と塩少々で味をつける。

six 菜の花を塩茹でする。4㎝の長さに切る。

seven 皮むきのいりごまを半ずりにする。

eight 米が炊き終わったら、米と一緒に入れた昆布をみじん切りにする。
[合わせ酢]と米を混ぜ、先ほどの昆布、しろごま、干し椎茸、人参、蓮根、甘夏の身を混ぜ合わせる。

nine eightを皿に盛り、錦糸卵、えび、菜の花、甘夏を好みで盛りつける。


clipワンポイント

・昆布はお椀のものを作った時などのだしがら昆布も刻んでいれる。今回は15㎝サイズの昆布を入れたので具としても存在感があり美味でした。

2015年10月 5日 (月)

あったまるよー!! 昆布水ホットスムージー

平山 由香/料理研究家、NHKきょうの料理講師

林檎のホットスムージー

201510_0102

<材料>

・昆布水:1/3カップ
・牛乳または豆乳:1/3カップ
・生姜:ひとかけ(10gくらい)
・りんご:小ぶりのもの1/2個(100g)

<作り方>

one 小鍋に昆布水、刻んだ生姜を加えて加熱する。

two one に牛乳、スライスしたりんご(有機栽培なら皮ごと)を加えてごく軽く温め、ミキサーで撹拌する。

clipワンポイント

・ 生姜を昆布水で加熱する
・ 他の素材はほんのり温める程度に
・もうひと手間かけて頂けるならばカップを温めておいてください。さらに美味しくいただけます。


201510_0101_2
青菜とりんご 

2015年10月 1日 (木)

ST.ドラゴン昆布パン

mocco/野菜ソムリエ、ジュニア・アスリート フードマイスター

ST.ドラゴン昆布パン

201509_1202

<材料>

・強力粉:150g
・ドラゴンレッド:100g
・昆布水:50cc
・塩:3g
・砂糖:3g
・オリーブオイル:5cc
・ドライイースト:3g
・チョコチップ:30g
・昆布水昆布:20g



<作り方>

one ドラゴンレッドはすりおろす。

two 昆布は細かくザク切りにし醤油・蜂蜜各大さじ1で佃煮にする。

three 全材料をHBで1次発酵まで済ませる。

four 5分割し15分ベンチタイム後、形成して2倍に膨らんだら200℃で5分間190℃で10分間焼く。(メーカーによりますので加減してください)



clipワンポイント

・薄皮と豊富なアントシアニン含有の鮮やかな"ドラゴンレッド"(長崎産馬鈴薯)と昆布のコラボです。

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »