こんぶネット み~んな大好き、おいしい昆布

昆布情報、昆布の豆知識、昆布レシピならこんぶネット|日本昆布協会

昆布だしの取り方
基本の「昆布だし」でプロの味
簡単がおススメ 人気の「昆布水」
ビックリあっという間に「昆布だし」
昆布水レシピ
だしを取った後の昆布レシピ

みんなのこんぶレシピとは

昆布や昆布加工品を使ったアイデアレシピをどんどん紹介します!
昆布はだしをとるだけでなく、いろいろな料理に使える優秀な食材。
レシピは全て一般の方から投稿されたオリジナル。みんなの昆布レシピをぜひ試してみてね♪

目指せ!昆布マイスター 昆布料理の基本からスピードメニューまで

昆布研究家の旬レシピ 旬の昆布レシピを楽しもう!

奥薗先生のずぼらこんぶ料理

読者になる

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月31日 (月)

もっちりスパイシー白玉団子の黒胡麻よごし

真坂かな昆布大使/調理師、中医薬膳講師 

もっちりスパイシー白玉団子の黒胡麻よごし

16101001

<材料>

・白玉粉:100g
・絹ごし豆腐:100g~150g
・昆布粉(昆布のみ100%のもの)
・五香粉:小さじ1

(かけ粉)
・昆布粉(昆布100%のもの)
・すり黒胡麻、きび糖、塩、梅子(あれば):適宜

<作り方>

one 豆腐(水切りせずに)と白玉粉ほか材料をボールに入れて手でつぶしながらよく混ぜる。
豆腐の量は種類によって違うので加えながら調整する。
耳たぶほどの固さになったら、小さく丸めて真ん中をへこませる。

two 沸騰した湯に入れて、浮き上がってから1分~1分半、冷水にとって冷ます。

three 水を切って、(かけ粉)をたっぷりまぶす。

2016年10月27日 (木)

温野菜と切昆布のポトフ

久留須知子昆布大使

温野菜と切昆布のポトフ

16100901_2

<材料(4人前)

・ジャガイモ:1個
・人参:1本
・玉ねぎ:1個
・キノコ:1株(代用でえのきでもよいです)
・ソーセージかベーコン:お好みの量
・切昆布:お任せ(たくさん入れすぎると灰汁が出やすくなります)
・水700ml(本来は500mlくらいで足りるのですが蒸発するので多めに入れます)
・塩:小さじ1
・黒こしょう:お好みで


<作り方>

one まず人参、じゃがいも、玉ねぎを食べたいサイズに切る。ソーセージも食べやすいサイズに切る。  (一口大の方が食べやすいです)

two 次に、油でこれらを炒めてある程度炒めたら水を入れて具が柔らかくなるまで煮る。

three そのあとに切昆布を入れてまた煮ます。

four その都度灰汁とりをしていきます。

five 最後に塩を入れて味を調えて仕上げに黒こしょうをかけて出来上がりです。

2016年10月24日 (月)

椒麻双耳(ジャオマァスワンイィー)

真坂かな昆布大使/調理師、中医薬膳講師

椒麻双耳(ジャオマァスワンイィー)

16100801_2


<材料>

・黒きくらげ:5枚
・白きくらげ:適量

[椒麻ソース]
・ほそねぎ:1/3束
・生姜:ひとかけ
・山椒粉:小さじ2
・昆布粉(昆布のみ100%のもの):小さじ1
・ゴマ油:小さじ1/2
・山椒ネギ油:小さじ2 ( ※作り方はを参照)
・醤油:大さじ2
・酢:大さじ2
・きび糖:小さじ1/2
・紹興酒:小さじ2/3
・塩:少々


<作り方>

one 白きくらげ、黒きくらげは水でもどし、石づきをとりのぞく。

two 白きくらげ、黒きくらげを別々に、塩を入れた熱湯で3分ゆでる。

three ネギと生姜をごく細かいみじん切りにし、山椒とごま油も加えてさらに包丁で刻む。その他の調味料を加えてよく混ぜ合わせ、盛り付けたきくらげに上品にかける。

ネギ油の作り方
米油、長ネギの青い部分を10cm程度に切ったもの、八角、クミン、青実山椒、を入れて火にかけ、材料がきつね色になるまで混ぜながら油に香りをうつす。すぐに濾して瓶などで保存する。
(料理が簡単に本格的になる秘密兵器。葉の固い長ネギなどが手に入ったらぜひ作ってみてください。)

clipワンポイント

・お肉が大丈夫な方は、two の後に鶏がらスープ(素ではなく本物の鶏がらを煮出したスープ)に少ししっかりめに塩味をつけたもので、2,3分さらに炊いて下味をつけるとさらに本格的な前菜となります。
椒麻ソースは、じゃがいもや里芋の蒸したものにかけたり、お肉料理にかけたりして活用できます。

2016年10月20日 (木)

簡易だし

加藤紫津子昆布大使/料理教室「健脳cooking」主宰 、サプリメント管理士

簡易だし

16100701

<材料>

・昆布:5~10g
・鰹節:2~3g
・熱湯:500cc


<作り方>

one 容器に昆布と鰹節を入れ、熱湯を注ぐ。

two 3分待ったら昆布と鰹節を取り除く。

clipワンポイント

・お料理に少量、出しを使いたい
・出し茶漬けの出しをとりたい
そんなときにはこの方法がお役に立ちます!

2016年10月18日 (火)

炒魚もどき

真坂かな昆布大使/調理師、中医薬膳講師 

炒魚もどき

16100601_2

<材料>

・干椎茸:40g
・カット昆布:10g
・千切り生姜:30g
・千切り唐辛子:1本分
・セロリの茎:100g
・香菜:少々

・醤油:大さじ2・1/2
・黒酢:大さじ1+小さじ2
・きび糖:大さじ2・1/2
・水:450cc
・白コショウ粉:小さじ2
・ごま油:小さじ2・1/2


・まぶし用小麦粉:少々
・小麦粉水(小麦粉:水=1:1):適量


<作り方>

one 干し椎茸をさっと一瞬だけ水につけて取り出し、はさみで細長くぐるりと4~5cmの長さにカットする。

two 分量外の小麦粉をまぶし(余分な粉ははたく)、小麦衣をまぶし、140℃の油でじっくりと揚げる。カット昆布もサッと揚げる。

three 香りが立ってカラッとしたらしっかりを油を切る。

four フライパンにごま油、セロリの茎、生姜、唐辛子を入れて弱火にかけ、じっくりと香りを引き出す。

five 調味料すべてと three を加えて、とろりとさせながらよく絡めてお皿に盛り付ける。

six 香菜をまぶす。



clipワンポイント

・昆布も素揚げするのがポイントです。タレに絡めなくても、素揚げの椎茸と昆布に塩を振っただけで食べても美味しい!

2016年10月13日 (木)

昆布のやさしいお出汁の煮込みおでん

永瀬直子昆布大使/料理研究家、だしソムリエ

昆布のやさしいお出汁の煮込みおでん

16100501

<材料>

・早煮昆布:60g
・好みのおでん具材
・麺つゆ:適量


<作り方>

one 早煮昆布を水に30分ほど漬ける。

16100502

two 戻した昆布を結んで、結び昆布を作る。

16100503

three 戻した昆布汁に、好みの具材を入れて煮る。

16100504

four 沸騰したら、結び昆布を加え火を弱める。

five 麺つゆを適量加え、味を整えたら完成です。

2016年10月11日 (火)

昆布とエリンギの混ぜご飯

久留須知子昆布大使

昆布とエリンギの混ぜご飯

16100401

<材料(4人前)>

・お米:3合
・エリンギ:2~3本目安
・切り昆布1パック(魚屋で売っている生のものを使用)

[調味料A]
・酒:大さじ1
・みりん:大さじ1
・醤油:大さじ1
・砂糖:小さじ1
・塩少々

・水200㏄


<作り方>

one お米を三合といで水を抜いておく。

two 切り昆布は食べやすいサイズに切っておく。 エリンギは斜め切りにする。

three 鍋に two を入れて[調味料A]と水200cc入れて一煮する。

four 具に味がしみ込んだら冷ましてから用意しておいたお米に入れる.。

five ちょうど3合の目盛になるはずですのでそのまま炊いてください。

2016年10月 6日 (木)

しらすとなめこのあんかけ風茶わん蒸し

久留須知子昆布大使

しらすとなめこのあんかけ風茶わん蒸し 

16100201

<材料(4人前)>

[茶わん蒸し]

・卵:2個
・水:300ml
・塩:少々
・酒:小さじ1
・醤油:小さじ1
・昆布:3cm×5cm程度の物1枚
・鰹節:一掴み

[あんかけ部分]

・なめこ:1袋
・しらす:大さじ2
・昆布:3cm×5cm程度の物1枚
・塩:小さじ1弱
・醤油:小さじ2
・酒:小さじ2
・水:300ml

<作り方>

one 卵を二つボールに割り入れて白い部分を切るように箸で混ぜる。
鍋に水を入れて昆布も入れてだしを取ります。時間にして7分弱くらい。
昆布を一度出してそこに鰹節を投入。
(本来は水から入れるのですが省略してとちゅうで入れます。味は損ねませんので大丈夫です。)
煮立ったら火を止めて鰹節を出します。
(その次にこせば透き通った出汁ができるのですが、お澄ましでもないのでそこも省略です。)

two one の取っただしに[茶わん蒸しの調味料]をすべて入れて味を調えます。
そして少し冷めるのを待ちながらあんかけ部分を作ります。

three お鍋に水を全量いれて昆布も投入します。約7分経ったら昆布を出します。
熱いうちに洗ったなめこを投入。[あんかけ部分の調味料]をすべて入れて最後にしらすをいれてあんかけは出来上がりです。

four two の冷めただしに割りいれた卵を合わせ、そのあとは食器に入れてお鍋に湯を張って強火で5分、弱火で5分で茶わん蒸し部分は出来上がります。

five 出来上がった茶わん蒸し部分にあんかけをかけて出来上がりです。




clipワンポイント

・なめことこんぶのとろみが片栗粉を使わくてもとろみができるので自然とあんかけができます。

2016年10月 3日 (月)

鶏胸肉の塩昆布和え

川原ちさと昆布大使

鶏胸肉の塩昆布和え

16100101

<材料(小鉢で4人前)

・鶏胸肉:200g
・塩昆布:10g
・長ネギ:1/3本
・青じそ:2枚

<作り方>

one 長ネギは、3cm長さの白髪ネギにし、水に放します。青じそは千切りに。

two 鶏胸肉は薄くそいで塩をふり、水から小鍋でことこと茹でます。
(茹で湯は捨てないで下さい)

three 茹で上がった胸肉はほぐしてボウルに入れ、塩昆布を入れて和えます。

four 白髪ネギの水分をしっかりとり、three を小皿に取り、ネギ、青じそを盛れば出来上がり。

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »